櫻井とりお『虹いろ図書館のへびおとこ』を読んで、居場所のあることの大切さを学ぶ

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

 

今回紹介する本は、櫻井とりおさんの『虹いろ図書館のへびおとこ』(河出書房新社)です。

 

第一回氷室冴子青春文学賞受賞作品です。

いわた書店の一万円選書のご縁で手にしました。

火村ほのかという小学6年生の少女が主人公です。

母親は入院中で、父親の仕事の都合で引っ越しをしますが、新しい学校でいじめにあい通えなくなります。

そんな彼女がたどり着いた先は図書館でした。

そこで出会った司書さんや少年との交流を通して自分の居場所を見つけていきます。

 

わたしも図書館が好きでした。

小さなころは休みの日に隣町の大きな図書館に連れて行ってもらい、閉館時間までいたことを思い出しました。

自分の居場所がなかったほのかでしたが、図書館という居場所を見つけることができました。

ときには先生にばれそうになりましたが司書さんがかばってくれたところもありました。

図書館なのでわいわいガヤガヤとするところではありませんが、本がある場所に集まる関係性というのはなんだか素敵なものだなと思いました。

辛いことがあっても本をひらけばそこには別の世界が広がっていますし、不安なこころを支えてもくれます。

こういう誰かにとっての居場所をつくるということはとても大切な役割なんじゃないかと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日もお待ちしております。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


読みたいときに読みたい本を読みたいだけ。

石井ゆかり『星栞』で2022年の見通しを立てる

関連記事

  1. 夏目漱石『夢十夜』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 立川談四楼『ファイティング寿限無』(祥伝社文庫)…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 木内昇『茗荷谷の猫』(文春文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. 原田マハ『生きるぼくら』(徳間文庫)

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  5. ディケンズ『クリスマス・キャロル』を読んで考える…

    本を一冊読み終えましたので紹介動画を撮ってみました。「本を語る、人と繋が…

  6. 川村元気『億男』を読んで、お金と幸せについて考え…

    第68回「本の話をしよう」で紹介した一冊は、川村元気さんの『億男』です。…

  7. 天童荒太『包帯クラブ』(ちくま文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』(文春文庫…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP