櫻井とりお『虹いろ図書館のへびおとこ』を読んで、居場所のあることの大切さを学ぶ

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

 

今回紹介する本は、櫻井とりおさんの『虹いろ図書館のへびおとこ』(河出書房新社)です。

 

第一回氷室冴子青春文学賞受賞作品です。

いわた書店の一万円選書のご縁で手にしました。

火村ほのかという小学6年生の少女が主人公です。

母親は入院中で、父親の仕事の都合で引っ越しをしますが、新しい学校でいじめにあい通えなくなります。

そんな彼女がたどり着いた先は図書館でした。

そこで出会った司書さんや少年との交流を通して自分の居場所を見つけていきます。

 

わたしも図書館が好きでした。

小さなころは休みの日に隣町の大きな図書館に連れて行ってもらい、閉館時間までいたことを思い出しました。

自分の居場所がなかったほのかでしたが、図書館という居場所を見つけることができました。

ときには先生にばれそうになりましたが司書さんがかばってくれたところもありました。

図書館なのでわいわいガヤガヤとするところではありませんが、本がある場所に集まる関係性というのはなんだか素敵なものだなと思いました。

辛いことがあっても本をひらけばそこには別の世界が広がっていますし、不安なこころを支えてもくれます。

こういう誰かにとっての居場所をつくるということはとても大切な役割なんじゃないかと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日もお待ちしております。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


読みたいときに読みたい本を読みたいだけ。

石井ゆかり『星栞』で2022年の見通しを立てる

関連記事

  1. 幕の内弁当を食べるように

    旅のお供に本を持っていきます。なるべく荷物にならないように文庫本を選ぶこ…

  2. 『タイヨウのうた』から得た「よりよく生きる」とい…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 頭やお金よりも大切なこと

    今回紹介する本は、ダニエル・キイスさん(小尾芙佐さん訳)『アルジャーノンに花…

  4. 集英社文庫編集部『短編宝箱』(集英社文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 本気は報われる

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  6. 謎を解く鍵がちゃんと用意されているとうれしい

    今回紹介する本は、『Jミステリー2023 FALL』(光文社文庫)です。…

  7. 重松清『カレーライス 教室で出会った重松清』(新…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. ルイス・キャロル(矢川澄子:訳 金子國義:絵)『…

    今回紹介する本は、ルイス・キャロル(矢川澄子:訳 金子國義:絵)『不思議の国…

Twitter でフォロー

PAGE TOP