今降っている雨に対する考え方って?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は「気分」に関するお話です。

わたしは双極性障害を患っており毎日服薬をしています。

入院が必要になることもありましたが、ここ最近は安定をして働くことができています。

それでも気分が沈んでしまうときがあります。

そういうときには自分のモットーである「無理しない、焦らない、落ち着く。よりよく生きる」という言葉を思い出すようにしています。

ちなみにこの言葉はあまりないのですが、気分が上がりすぎそうかなというときにも思い出して使えるのでわたしにぴったりの言葉です。

 

気分の低下は雨模様に例えられることが多いように思います。

ここでかけられる言葉は「止まない雨はない」というものです。

いつかは止むんだからそのときまで耐えましょうという意味合いが強いですね。

実際、気分の低下でくるしいときはいつか明けるという期待かではなく、今雨が降っているこの瞬間が大変な訳です。

そういうものとして今降っているその雨と一緒にどう過ごすかが大切なんじゃないかと思います。

わたし自身まだ模索中ですが、実践していることとしてはたっぷり寝ることと日記の気分の点数を見直すということです。

ぜひ試してみてください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


致知2021年4月号 特集『稲盛和夫に学ぶ人間学』

本を貸す前にしておきたいこと

関連記事

  1. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 10年前の自分への手紙

    10年前の井田祥吾さん 令和2年1月21日札幌で「本を語…

  3. 最初の一歩が一番大事

    読書会を月に一度のペースで開催を始めたのが今年の4月でした。少しずつなれ…

  4. 書いて内省を深める。

    書くことが好きです。ブログの文章はある程度まとまった分量を書きたいと思っ…

  5. 常に改善を模索し続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 書くことについて語ってみる

    しばらくとは言っても一週間ほどですが、ブログの更新が滞ってしまうと、どうすれ…

  7. 思いを届ける。

    多分、何を書くより何を相手に届けたいかを考える方が大切な気がする。多分、…

  8. 書き言葉は100倍拡大解釈されても大丈夫な言葉を…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP