「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学書だ。

以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。

その時にどのような紹介をしたかは全く覚えていないのですが……

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしだけのおいしいカレーを作るために

タイトルの通り、おいしいカレーを作るための方法が書かれているエッセイ調の本です。

著者は水野仁輔さんです。

「幻の黒船カレーを追え」にも書いてありますが、カレーが好きで脱サラをしたという方です。

わたしはカレーが大好きなので読んでいてもちろんそうすれば美味しくなるのかぁと感心するところが多かったのです。

ですが、それよりもどんなことも極めれば哲学になるというようなことを感じました。

玉ねぎの炒め方から、スパイスの投入する順番など、ひとつ1つは単なるプロセスなのかもしれませんが、そこから何を学べるかを考え抜かれているのではないかなと思っています。

どんなことも極めれば哲学になる

繰り返しますがこれかなと思っています。

カレーの知識が学べる本という目的だけではもったいないような本になっています。

好きを哲学にし、仕事にするロールモデルとしても読んで面白いのではないかなと思っています。

良かったらフォローしてください!

noteもやっています

画像をクリックすると「note」にとびます

読書会情報

自己紹介


昨日から学ぶ

読書会の前日にわたしがやること。

関連記事

  1. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。寒いのは得意ではあり…

  2. 本は表紙で選ぶのも面白い

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  3. 切っても切り離せない「絆」の話。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  4. 本を読むときは自分の頭で考えることが大切

    世の中には古典と呼ばれるものがあります。今日は古典について、読書論を交えながら書いてみようと思い…

  5. 続けやすい仕組みを考える

    人間は習慣の生き物と言われています。習慣が人を作るってやつです。いい習慣を身につけようと思っ…

  6. 本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

    テーマは人生哲学札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日は読…

  7. 水野仁輔氏のカレーの起源をめぐるノンフィクション

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  8. 都合のいい読書術

    今日は久しぶりに本の紹介をしようかなと思います。読書会をやっている人のブログならもっと本を紹介す…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP