高橋歩『LOVE & FREE』を読んで、ワクワクする。

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日のビブリオバトルで紹介をした一冊について書いていきます。

この日、紹介したのは高橋歩『LOVE & FREE』でした。

サンクチュアリ出版から出ています。

著者プロフィールがなかったので調べたところ、サンクチュアリ出版を立ち上げた方でした。

 

彼女と結婚したタイミングで2人とも仕事をやめたのでオーストラリアから世界中を放浪して回りました。

その間での写真や考えたことが端的につづられた一冊となっています。

ビジュアル的にも楽しめるのでオススメです。

 

旅というのはどこかの建造物を見たとか、絶景を堪能したというのももちろん大事なのですが、その過程で自分がどんなことを考えたかというのも大事なのだと感じました。

これは読書においても同じかもしれません。

文章を読んでそこから派生することやこれからの自分にどう活かそうかと考える時間も大切だと思っています。

 

わたし個人としてはそれなりに出不精なのであまり長期の旅や定住しないのは向いていないと思っています。

今年はむずかしいと思いますが、年末年始のお休みで旅行をするので十分かと思っています。

放浪というと自由のイメージがありますが、高橋さんは出版社を立ち上げたりと実際にはビジネスセンスというものがあるように思います。

「自由」の本を読んで、自由とは気楽に気ままにやることではないのだなと自分を戒めるような気分になりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

先日のビブリオバトルのテーマが「旅行に行きたくなる本」ということで、高橋歩さんの『LOVE & FREE』を紹介しました。 著者プロフィールが一切書いてなかったのでWikipedia先生で調べました。 サンクチュアリ出版からでている本ですが、創業者であることに驚きました。その立ち上げた出版社も譲り今はハワイに住んでいるそうです。 この本は彼女さんと結婚したタイミングで仕事を辞めたこともあり放浪の旅へと出かける中での写真や考えたことをまとめたものです。 ビジュアル的にも楽しめるのか特徴かなと思います。 心に残ったのは「心ある仕事」の『「心ある仕事」をしている人は、みんな世の中の役に立っているんだ。』の一文でした。 (読むのにかかった時間 30分くらい) #loveandfree #高橋歩 #サンクチュアリ出版 #本のある生活 #本の話をしよう #本好きな人と繋がりたい

井田祥吾(@shogogo0301)がシェアした投稿 –

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


第4回メモワール読書会に参加をしました。

第11回ビブリオバトル開催報告!

Twitter でフォロー

PAGE TOP