苅谷剛彦『知的複眼思考法』

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

井田祥吾(@shogogo0301)です。

本の魅力や癒しの効果を伝えるべく読書セラピストとして活動し、「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

 

今回紹介する本は、苅谷剛彦さんの『知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ』(講談社+α文庫)です。

Twitterでフォロワーさんが紹介されていたのをきっかけに再読しました。

ありきたりの常識や紋切り型の考えかたにとらわれずに、ものごとを考えていく方法を筆者は「知的複眼思考法」と名づけています。

反対は、一つの視点でしか見れなかったり、常識にはまってしまったりといった視点になります。

たしかに多面的に物事をみることができれば確かに物事の理解も深まりますし、時には誰かに騙されるなんてこともなくなるのかもしれません。

そんな「知的複眼思考法」を手に入れるための方法について、「読む」「書く」「問いを立てる」ことを中心に書かれています。

 

さまざまなインプット方法がありますが、「読む」ことと「書く」ことに共通しているのが自分のペースで進めることができると言うことです。

「読む」ときには相手がどうしてこの言葉を使ったのか、あるいは何を削ったのかを意識しながら読むことで著者視点に立つことが大切だとわかりました。

否定するのではなく批判的な目をもちながら文章を読んでいきたいと思います。

「書く」ときにもしっかりとこれで伝わるのかどうかを考えながら書き進めることが大切であると学びました。

何を書いて何を飾れば自分の言いたいことがしっかりと伝わるのか考えたうえで、文章の接続を意識した上で書き進めたいと思います。

 

「読む」と「書く」ことが土台となり、「問いを立てる」力が大切です。

問いを抽象化したり、具体化したり、何のケースについて書かれているのかとわかったつもりにならない姿勢が大切だと感じました。

 

ちょっとやそっとで身につく技術ではないので特に「書く」「読む」を意識して身につけていきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日もお待ちしております。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


河合隼雄+大牟田雄三『ウソツキクラブ短信』から学ぶ、嘘の効能

読書家は、スタンスだ。

関連記事

  1. 「人生の100のリスト」をつくってみました

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 鈴木俊隆[著]藤田一照[訳]『【新訳】禅マインド…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. サンキュータツオ『学校では教えてくれない! 国語…

    ご自宅に辞書はありますか?わたしは実家に行けばおそらく紙の辞書があります…

  4. 村松大輔『時間と空間を操る「量子力学的」習慣術』…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. シェリー・ケーガン(柴田裕之 訳)『「死」とは何…

    今回紹介する本は、シェリー・ケーガン(柴田裕之 訳)『「死」とは何か』(文響…

  6. 藤尾秀昭『人生の法則』(致知出版社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. D・カーネギー『人を動かす』(創元社)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. 鍵山秀三郎『凡事徹底』 (致知出版社)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP