稲盛和夫『生き方』(サンマーク出版)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、稲盛和夫『生き方』(サンマーク出版)です。

致知2022年12月号で追悼特集が組まれており、その流れで再読をしました。

魂が揺さぶられるような熱い人生訓を受けることができました。

 

稲盛和夫さんは京セラの創業者であり、経営破綻をしたJALを復興させたことでも知られる日本を代表する名経営者です。

それを支える考え方というのはとてもシンプルで大変わかりやすいです。

 

経営の観点にしても判断に迷うことがあるかと思います。

稲盛さんはそういうときにどうするか?

そういうときには原理原則に従うことが大切だと言います。

ここでいう原理原則というのは幼い頃から親に言われているような当たり前のことです。

それをもとにしていれば判断が大きく逸れることも誤ることもないでしょう。

 

稲盛さんの考えで一番印象に残っているのは 人生の方程式です。

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

稲盛和夫『生き方』(サンマーク出版)(p24)

というものです。

 

ポイントの一つ目は掛け算で表されるということです。

たとえ能力が十分でなくても熱意でカバーすることができます。

 

二つ目が「考え方」にはプラスもマイナスもあるということです。

熱意と能力が高くても考え方がマイナスだと道を外れた行動をとってしまいます。

何事においてもまずはこの「考え方」という姿勢が大切なことがわかります。

 

今生きているこの世でどれだけの成果をあげたり、お金を稼いだり、名誉を得てもあの世に持っていくことはできません。

唯一もっていくことができるのは磨いてきた「魂」ではないかとおっしゃっています。

この世で魂を磨く修行を終えられた稲盛さんがあの世でどうされているのかが気になります。

 

稲盛和夫さんのご冥福をお祈りします。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』

北海道致知若獅子の会 2023年1月 特集「遂げずばやまじ」

関連記事

  1. 松下幸之助『思うまま』(PHP研究所)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 松下幸之助[述]『人生と仕事について知っておいて…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. なにおれ『31歳、夫婦2人、月13万円で自分らし…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 坂田道信『ハガキ道に生きる』(致知出版社)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 養老孟司『ものがわかるということ』(祥伝社)

    今回紹介する本は、養老孟司さんの『ものがわかるということ』(祥伝社)です。…

  6. 松下幸之助『道をひらく』(PHP研究所)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  7. 常識を疑い、予定調和を壊せ

    言わずもがな、本を読むのが好きです。本を読むことが好きですが、セミナー等…

  8. 斎藤一人『強運』(PHP文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP