やっぱり家が好きでありたい

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

どこで過ごす時間が長いかを考えてみるとやはり家が一番です。

職場で過ごす時間も長いですし心地がわるい訳ではありませんが、やはり落ち着ける場所として家という場所はとても大切です。

 

わたしの実家は一軒家です。

両親が家を建て、引越しをしたタイミングでは勉強部屋と寝室を分けていました。

兄と二段ベッドで寝ていたのを思い出します。

たしか兄が中学に入るくらいのタイミングで2段ベッドを解体して部屋を分けました。

それからは自分の部屋というものをもちました。

それでも部屋にテレビがなかったのでよく兄の部屋に入り浸ってテレビを見たり、テレビゲームをしたりしました。

それでも自分の部屋というのをもてることは何かの主人になった気分でいいものでした。

 

家に対する考えが大きく変わったのは一人暮らしを始めたタイミングでした。

条件をもとに不動産屋さんとお話をして内見をして決めました。

いくつか見てまわったのですが、見取り図と写真を見ていて第一候補になっていた部屋にそのまま決まりました。

引っ越す理由がなく今も同じ部屋に住んでいます。

 

学生時代は土日まったく家を出ないということもありました。

今は生活のリズムに変化をほしいなと思って積極的に外出するようにしています。

それでもやはり家で過ごす時間は愛おしく大切でありたいというのを気づかせてくれたのが、井田千秋『家が好きな人』(実業之日本社)です。

オムニバス形式で6名の女性が家で過ごす様子が描かれています。

朝ゆっくりと起きて朝食を作ったり、お気に入りの環境で映画を観たり、と様々です。

読んでいると家を心地よく過ごせるのはとても素敵なことだと感じました。

より過ごしやすい家を目指していきたいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

運営している札幌ゼロ読書会は札幌市内とオンラインで開催しています。

また、選書サービスや読書に関する相談も承っています。

詳細はリンクをご覧ください。

より多くの本好きの方と繋がれるのを楽しみにしています。

また次回もお楽しみに!

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


本業がうまくいかなくたっていい

ひとりのほうがいいこともある

関連記事

  1. 異世界を受け入れてしまう不思議さ

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 田中光『サラリーマン山崎シゲル』『サラリーマン山…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 甲斐谷忍『LIAR GAME』(ヤングジャンプコ…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP