心の手帳にメモをしましょう

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

本を読んでいると、「これは名言だ」と思える言葉に出合うことが多々あります。

本のジャンルは問わず、ピンとくるところがあれば角を折ったり、ボールペンで線を引いたりと、しるしをつけるようにしています。

その中でも何度も振り返りたくなるような琴線に触れる言葉は手帳に書き出して何度も読み返すようにしています。

言葉というのは文脈の中で生きています。

その文脈があるからこそ響いてくるという場合もあるでしょう。

少なくとも自分に響いた言葉であれば、それは何度も読み返す価値のある言葉であるはずです。

わたしは自分への就職祝いに買ったバイブル手帳を使用しています。

この自分にとっての金言集をわたしは「心の手帳」と名づけています。

どういうときに、と決めているわけではないのですが定期的に見返してやる気をもらっています。

本から得た言葉が多いですが、お話ししたときの発言やSNSの投稿から書くこともあります。

人間が人間たらしめているのは言葉を使って考えるからだと聞いたことがあります。

イメージも大切ですが、心で考えるのが人間です。

文字から想起するのも大切な要素なのかなと思っています。

ということで、これからもたくさんの素晴らしい言葉を浴びて、書き留めていきます。

ぜひ、試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


ピョートル・ウィルコウィエツキ&ミハウ・ガジンスキ『EXPLORER’S ATLAS 探検家の地図』(かんき出版)

映画『場所はいつも旅先だった』を観に行きました。

関連記事

  1. 低空飛行で飛び続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

  3. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 気分に点数をつけてみる。

    調子の良い日々が続いています。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読…

  5. 過不足なく臆病に書く

    過不足なく臆病に書くわたしは文章を読むのも書くのも好きです。全くなか…

  6. ブックセラピストになる。

    好きなことで生きていく好きなことで生きていけたら幸せですよね?そのた…

  7. 何かをするのに遅すぎることはない

    人生は長いでしょうか?それとも短いでしょうか?始まりを選ぶこともでき…

  8. マンガは読書か?

    本が好きでよく読むんですよねと話をすると、マンガもいいですよとアドバイスをも…

Twitter でフォロー

PAGE TOP