いつでもやめられるという選択肢をもつ

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

読書会の開催を始めて丸5年が経過しています。

限られた人数での開催ですが、最近は毎回ほぼ満員の状態が続いています。

まずは続けることを大切にしていますので、これからもお付き合いいただけると大変うれしく思います。

続けていく中で大切にしている考えがあります。

それは、やめようと思ったらいつでもやめられるということです。

少なくとも読書会は誰からかお願いされてやっているものではありません。

参加いただいた方に満足してもらえるようにしていますが、一番楽しんでいるのはいつも自分だと思っています。

ただ、他の方のためを思って続けなければいけないと思うほどまでやるのは違うのではないかと思っています。

仕事だから断れないということは正直どこでもあると思います。

少なくとも読書セラピストというわたしの活動はわたしの空いている時間を使って自由にやっていることです。

その時間の過ごし方が義務感に追われてしまっては本末転倒です。

今はわたし自身が楽しいので続けられていますが、それがいつまで続くのかは正直わかりません。

もしかしたらもっと良い方法が見つかるかもしれません。

そうなったときでも楽しんでもらうこと、自分が楽しむことをまずは念頭においていきたいなと思います。

 

なかにはもっと読書会を開いてほしいという方もいらっしゃるかもしれません。

断言できることは参加するより自分で開くほうが大変なこともありますが楽しいです。

ノウハウと言えるようなものかはわかりませんがお伝えすることはできますのでぜひお気軽にご連絡ください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


近藤康太郎『百冊で耕す』(CCCメディアハウス)

星尾夜見『星のビブリオ占い』(サンマーク出版)

関連記事

  1. ranunculus

    花の名前と花言葉

    花の名前と花言葉「新緑の候」という時候のあいさつがピッタリな季節に札幌も…

  2. 共に学び、共に成長する。

    朝に昨日の出来事で印象に残っていることや、頭の中に浮かんできたことを書き綴る…

  3. 私がよりよく生きるために考えたこと

    毎度同じになってしまいますが、最近は調子が良くも悪くも言えない微妙な感じの日…

  4. なんでもない文章が誰かのために

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 寝るまでを1日とする

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. よりよく生きるために気分に点数をつける

    よりよく生きるために気分に点数をつける朝の日記に気分を5段階で評価した…

  7. 表現することの原点は?

    こんな質問を頂きました。祥吾さんの表現の原点は?「本を語る、人と繋が…

  8. 成長する秘訣は、打席に立ち続けること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP