身近なところから歴史を学ぶ

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

学生時代の苦手科目は歴史でした。

優秀な学生ではありませんでしたが、唯一赤点を取り追試となったのが世界史でした。

自分が知らない世界であったとされる出来事にピンとくるところがなく、覚えるのに大変苦労した記憶があります。

というわけで歴史小説もなかなか小説にも手を出す機会というのがありません。

しかし最近思うのは、歴史という言葉ひとつで片付けてしまうには世界は広く、時間は長いということです。

歴史が苦手だからといって過去のことに全く興味がないわけではありません。

カレーライスが好きなのでその歴史について学ぶこともありましたし、人や会社の名前の由来や企業理念を知るのがとても好きです。

自分にとって興味がある歴史というのは、ベクトルが自分から向くか、自分に向かってくるものだと思うようになりました。

自分に関わりのある興味があるものからつないでいけばそれは大きなものへとつながっていくのではないかと思います。

必要だからというよりも知りたいからという気持ちを大切に身近なとこらから歴史を学んでいけたらと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


不惜身命 但惜身命

谷川俊太郎『詩ってなんだろう』(ちくま文庫)

関連記事

  1. 本物に触れることでしか、本物にはなれない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. キャッチボールのように書く

    朝ちゃんと起きれたときはモーニングページ、起きれなくてもジャーナリングと言う…

  3. すごい本を読みたい

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 「誰に」に向かって書くかが大事!

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加をしました。午前中にも読書会に…

  5. 情報発信は好きなことで人助け

    情報発信は人助けと聞いてなるほどなと思いました。でもいつも役立つ情報を提供…

  6. 無料のイベントが良いとは限らない

    読書会を初めて3年半が経過しています。ここ最近はコロナウイルス感染症の影…

  7. 休むのも仕事

    しばらく体調不良で仕事をお休みしていましたが、少しずつ短時間からですが復帰…

  8. 無目的に書くというのもいいのかもしれない。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP