致知若獅子の会「2021年5月会」に参加をしました

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

2021年5月31日にオンラインで開催されました致知若獅子の会に参加をしました。

人間学を学ぶ雑誌『致知』の課題文を読み、感想文を発表して美点凝視の観点でフィードバックをしあいます。

わたしの感想文をアップしますので、ご覧ください。

発表したものを一部修正をしました。

対談『誰かのために生きる時、人間の命は輝く』

人生は一度きりである。

気づいたときには始まっていて、終わるときはいつだか分からない。

そのような印象をもっている。

 

お二人の対談を読んで、わたしは誰かのために生きているという視点をもっているのだろうかと考えた。

プレゼントをして誰かを喜ばそうとしたことはあるが、見返りを期待せずにやっていたかと言われると素直に首肯くことができない自分がいて少し悔しい。

反対に、自分は多くの人の支えによって今こうして生きていることを感じている。

双極性障害をもっており、気分の変化の波が大きく出ることがある。

気分が高揚しすぎて周りを振り回して入院することもあった。

そのときに支えてくれたのは、発言や行動が支離滅裂であったろうにしっかりと対応してくれた家族やSNSで異変に気付いた知人であった。

そういう身近な存在がなければ今わたしは存在していなかったかもしれないと思うと感謝をしきれない。

 

身近な存在だけでなく、本という存在にも救われた。

会ったこともない、さらに言えば自分が生まれる前だったり遠い国だったりする方の言葉を伝えてくれる本の言葉によって救われたことは一度や二度の話ではない。

 

そう考えてみると、自分は対談の中で言われている「心の貯金」を使い込んでいるのかもしれない。

 

どういう形で返していくのがベストかは分からないが、自分は「書くこと」が好きなので、SNSやブログで発信をすることが続いている。

好きな言葉に「5年あれば、誰かにとっての世界を変えられる」というのがある。

誰かというのは見えていないところがある。

まずは、今いる身近な家族、親友、友人や仲間などといった半径5メートル圏内の人たちを幸せにすることに力を尽くして生きていきたい。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


2021年5月に読んだ本

映画『ローズメーカー 奇跡のバラ』を観に行きました

関連記事

  1. 致知2021年2月号 対談『七千人の小児の命を…

    2021年2月22日に開催された「致知若獅子の会」に参加をしました。20…

  2. 2020年5月致知若獅子の会定例会に参加をしまし…

    2020/05/25に開催された致知若獅子の会定例会に参加をしました。若…

  3. 致知2020年12月号 対談「逆境を力に新たな時…

    2020年12月21日にオンラインで開催されました致知若獅子の会に参加をしま…

  4. 致知2021年4月号 特集『稲盛和夫に学ぶ人間学…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  5. 2020年6月致知若獅子の会に参加しました。

    2020年6月致知若獅子の会に参加しました。札幌で「本を語る、人と繋がる…

  6. 致知2021年1月号『運命をひらく リーダーの条…

    2021年1月25日「若獅子の会」が開催されました。致知の感想文を発表し…

  7. 致知若獅子の会に参加をしました

    致知若獅子の会に参加をしました「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌…

  8. 致知2021年3月号『体験的読書のすすめ』を読ん…

    2021年3月29日に開催された致知若獅子の会に参加をしました。『致知』…

Twitter でフォロー

PAGE TOP