吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の思考を深める

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。

相当前なので当時どのような発表をしたかを覚えていないので、再読した感想を書いていきます。

紹介したのは、吉野源三郎『君たちはどう生きるか』です。

君たちはどう生きるか

この本が書かれたのは戦前です。

最近漫画化もされたので本屋さんで見かけたという方も多いのではないでしょうか?

なぜ、今の時代になっても読み継がれているのでしょうか?

それは、「先行き不透明な時代」に求められている一冊だからだと思います。

情報があふれかえっている現代でどう生きるべきなのか?

ほそれは主人公であるコペル君のように考え続けなければいけないことです。

 

この本のタイトルは「どう生きるか」という疑問系です。

世の中にあるほとんどの本が解決策を教えてくれます。

読みたいと思った欲求や疑問があるから読みます。

この本の最後は疑問で締められます。

読み終わったところで自分はどうするかなと考えることが始まります。

こういう時代だからこそ自分の頭で考えるということが大切です。

コペル君やおじさんのように自分の頭で考えることを忘れて思考停止になってはいけません。

それこそがこの本で伝えたかったことなのではないかなと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


本を探すときに知っていると便利なISBNについて

新学期にオススメの本、3冊!

関連記事

  1. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔し…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読…

  2. 「目的のための手段におぼれるな」

    やりたいことを考えている瞬間がとてもワクワクするので好きです。美味しいも…

  3. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  5. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

  6. 毎日が挑戦! 早起きチャレンジ!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  7. YUIさんの柔張るという生き方

    2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Boo…

  8. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

Twitter でフォロー

PAGE TOP