森信三『続・修身教授録』(致知出版社)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

読むと背筋がとてもピンと伸びます。

今回紹介する本は、森信三先生の『続・修身教授録』(致知出版社)です。

 

座右の書をあげるならば間違いなく森信三先生の本を候補にあげます。

もっともっと深く読み込んでから胸を張って座右の書としてあげたいので、すぐに口に出すのははばかれます。

 

この本は、森信三先生が戦前に行っていた天王寺師範学校の講義録をまとめたものです。

天王寺師範学校は現在の大阪教育大学の前身であり、将来先生になる生徒たちに向けての講義です。

 

教科書を使わずに口述されたものを書き取ったものが底本となっているので、授業を受けている空気感さながらで読むことが出来ました。

 

内容の深さは前作『修身教授録』(致知出版社)と変わりません。

前作との出合いは参加をした読書会でした。

講義を3回分を読んできて感想をシェアし合う形のものでした。

さまざまな方の視点や意見を伺うことができてとても貴重な時間でした。

読書会での語りは本を通して人生を振り返ることと同義であり、本は鏡のような存在なのだと感じています。

 

先生は教える立場であり、その先生がいい加減だと困るのは生徒です。

森先生はその先生を育む立場として全身全霊をかけて講義されていたのかなと思います。

 

講義の内容はむずかしい話ばかりではありません。

エスカレーターを歩く人の話が印象的でした。

そもそも登らなくていいようにつくられたエスカレーターを歩くのはどういうことか?

時間の節約のためでしょうか?

森先生はエスカレーターを歩くことはそそっかしくがさつであると仰っています。

ちょっと歩いたところで時間の節約にはそうそうなりません。

このエスカレーターを歩くという考え方は人生にも当てはまると説きます。

焦ってはいけないときはじっとしておくことの大切さを説かれていました。

 

読むと背筋がとてもピンと伸びる一冊です。こちらの本でいつか課題本読書会をやりたいです。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


御書印巡り〜札幌弘栄堂書店パセオ西店〜

又吉直樹『火花』(文春文庫)

関連記事

  1. エーリッヒ・フロム『愛するということ』を読んで

    動画でも紹介をしています。よければ合わせてご覧ください。&nbs…

  2. 言葉を使わないコミュニケーションの可能性

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  3. 藤尾秀昭 監『1日1話、読めば心が熱くなる365…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 渡部昇一『知的生活の方法』(講談社現代新書)

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピスト…

  5. 渋沢栄一 守屋淳=訳『論語と算盤』(ちくま新書)…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  6. 藤尾秀昭『はじめて読む人のための人間学』を読んで…

    読書会での紹介動画はこちらです。前回の読書会で紹介した一冊について書…

  7. 吉本隆明 糸井重里(聞き手)『悪人正機』(新潮文…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  8. 本当に目を向けるべきは言葉でない情報

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

Twitter でフォロー

PAGE TOP