宮崎駿監督からのメッセージそのもの

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

先日、映画を観に行きました。

スタジオジブリ最新作『君たちはどう生きるか』です。

事前情報がほとんどないなかで封切りを迎えました。

Twitter等でフォローしている方がぽろぽろと観ましたと投稿しており、気になりはじめたタイミングで誘われて観に行きました。

事前告知なしという宣伝手法を踏まえて、気になる方はあまり情報を入れないで観にいくのがおすすめです。

なので、この先も出来れば観たあとにご覧いただけるとうれしいです。

 

わたしがまず気になったのは吉野源三郎さんの『君たちはどう生きるか』(岩波文庫)との関係性です。

この小説は、主人公であるコペル君の成長の物語です。

コペル君と叔父さんとの手紙のやり取りが印象的です。

映画の中で、主人公の眞人(まひと)がこの小説を読むシーンが出てきます。

全てではありませんが、メッセージ性のある、もしくはわかりやすい本が最近は多いです。

読んだあとに「?」となる本は少ないのではないでしょうか。

吉野源三郎さんの『君たちはどう生きるか』の締めはとても特殊です。

そこで、最後に、みなさんにおたずねしたいと思います。ー

君たちは、どう生きるか。

吉野源三郎『君たちはどう生きるか』(岩波文庫)(p299)

エンタメとしての娯楽として「おもしろかった」で終わるのもありですが、この作品は問いかけで終わります。

コペル君はこう成長したけど、「君たちは、どう生きるか」という問いです。

答えは本の中にありません。

その答えは自分で考え続けるしかありません。

この映画で宮崎駿監督はアニメーション映画という手法を用いて、眞人という少年の成長を描き表現しました。

それが宮崎駿監督なりのひとつの答えなのではないかと思います。

自分は「生きる」ということをこう表現するけど、これを観たあなたはどう生きるかというメッセージのように感じました。

 

すぐに答えのようなものが得られる世の中だからこそ、死ぬまでわからないような「どう生きるか」の問いはずっと考え体現していく必要があると感じました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


【御書印めぐり】ものがたり広がる書店 laboratory haco

スマホ時代にどう向き合っていくか

関連記事

  1. 映画『梅切らぬバカ』を観て思う、何気ない日常の大…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 映画『草の響き』を観ました

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 映画『ドライブ・マイ・カー』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』

    お誘いいただき写真家森山大道さんのドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、…

  6. 『エンジェル、見えない恋人』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 『キセキの葉書』を観に行きました

    Good & New今日は久しぶりに映画を観に行きました。鬱…

  8. 映画『場所はいつも旅先だった』を観に行きました。…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP