BOOK AND BED 宿泊記!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

1月1日から1月3日まで東京を中心に小旅行をしました。

そこでの経験も書き残しておこうと思います。

今日は1日目の宿に選んだ、BOOK AND BED TOKYO IKEBUKURO です。

泊まれる本屋

BOOK AND BED のコンセプトはずばり「泊まれる本屋」です。

実際に本は販売されてはいませんが、自由に読むことが出来ます。

本を自由に夜更かしをしてそのまま寝てしまうということは至福のひと時でもありますよね。

それを実現してくれるホテルなのです。

感想

前回は京都の方に泊まりました。

雰囲気は同じ感じでしたが、本の雰囲気はまた違うものでした。

1日で読みたい本全てを読むことはできないので、読みたい本にひたすら登録をしました。

一夜にして読みたい本が20冊くらい増えました。

 

夜更かしをして旅行の行程に傷を入れると困るので、24時に一旦寝ました。

翌朝早起きができたので、そのまま本を読みました。

すごいこだわった寝具というわけではありませんが、悪くはないと思っています。

 

また機会があったら泊まりたいです。

詳細はホームページをご覧ください。

BOOK AND BED TOKYO

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


夏目漱石『硝子戸の中』から学ぶ死生観

ストレングスファインダーの活かし方

関連記事

  1. 2人でも読書会はできる。

    この間、読書会の打ち合わせのため2人でカフェで読書会のデモンストレーションを…

  2. 良い文章は読んだ先の行動がデザインされている

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  4. 本と映画の良い関係性

    今日でブログの更新が47日連続になっています。毎日更新を目標としつつ、無…

  5. 古本屋さんには偶然の出逢いがある

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。わた…

  6. 「実践する読書家」から「ブックセラピスト」へ

    ゴールデンウィークも後半に入りましたね。札幌で「本を語る、人と繋がる」を…

  7. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  8. 「井の中の蛙、大海を知らず」の続きは?

    noteとの使い分けをどうしようかなと考えながらブログをやっています。で…

Twitter でフォロー

PAGE TOP