どんな本も自分を啓発してくれる

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

 

その時々によって読む本のジャンルに偏りが出ています。

読みたいと思って積読にしてしまって読むタイミングを逃してしまうこともありますが、読みたいと思ったからにはそれだけの意味があるので大切に積んだままにしています。

高校生から大学生のときにかけてはよく自己啓発書と呼ばれるものを好んで読んでいました。

D・カーネギーの『人を動かす』(創元社)やスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』(キングベアー出版)といったベストセラーであり、ロングセラーである書はもちろんのこと、今でいうところのインフルエンサーと呼ばれる方々の人生論のようなものも読んできました。

 

最近買う本の傾向を眺めてみるとそういう自己啓発本をほとんど買っていない印象があります。

かと言って成長意欲をなくしたわけではありません。

むしろ学ぶ欲というのは年々増しているように思います。

『致知』を初めとする人間学を学ぶという意味では深いところでつながっていますがどちらかといえばテクニック的な要素というよりはどう生きるべきかという古典から学ぶ根源の方に重きをおきつつあります。

それらと同じくらい小説を読んでいます。

小説は書き手の頭の中と登場人物を通して人間の持つ機敏な心の動きを学んでいるような気がしています。

 

自己啓発書と呼ばれるものでなくても、本というのはどんなものであれ自分自身を啓発してくれるものだと思っています。

大事なのはどういう姿勢でその本に向き合うかです。

楽しむということをまず第一に忘れずに学び成長し続けるためにこれからも本に向き合っていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日もお待ちしております。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


『センス・オブ・ワンダー』を読んで、自然を感じることの大切さ。

【致知若獅子の会2021年12月】「『代表的日本人』に学ぶ人間学」を読んで

関連記事

  1. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  3. 漫画は読書に入るのか?

    読書家さんの中でもたまに議論が起こることについてわたしなりの見解を述べてみよ…

  4. 読書療法士を名乗るわたしの本との付き合い方

    先日こんなツイートをしました。https://twitter.com/s…

  5. 読書によって何を得たいのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. なくなっても困らないけど、あったらいいな

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  8. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

Twitter でフォロー

PAGE TOP