文・石井ゆかり 絵・梶尾沙羅『青い鳥の本』(パイ・インターナショナル)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

今回紹介する本は、文・石井ゆかり 絵・梶尾沙羅『青い鳥の本』(パイ・インターナショナル)です。

 

知り合いに占い師さんがいます。

すがるようにお願いしてみてもらうというよりは今後の行動指針を決めたいなと思ったときに鑑定をお願いしています。

前回お願いしたときに「わたしにあった身近に占いを取り入れる方法はありませんか?」と尋ねました。

そこで教えてもらったのがこちらの本です。

 

ビブリオマンシーという占い手法のための本です。

ビブリオマンシーを聞いたことはあるでしょうか?

引用します。

ビブリオマンシーは、「本をぱっと開いて、そこにある文章を読む占い」です。

(p2)

とあります。

古くから行われていてドストエフスキーの小説の中にも登場しているようです。

占いそのものを非科学的だと敬遠する方もいらっしゃるでしょう。

わたしもそう思っていました。

しかし、人間の手の届かない力で存在していることを考えると、自分自身のことを考えたり良くしていくために手段はなんでも良いと思えるようになりました。

このビブリオマンシーという手法はわたしが以前ファシリテーターをしていたリードフォーアクションと考え方は同じだと感じました。

書いてあることは同じでも読み手によって解釈は異なります。

偶然から何らかの意味を見出すところも本読みのおもしろさのひとつなのかもしれませんね。

占い的にたのしむのであれば「読まない」のもひとつでしょうが、気になってしまったのですべてに目を通しました。

中身をすべて見たうえでするおみくじみたいな感じなのかなとこれからを想像してみました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


小川奈緒『すこやかなほうへ 今とこれからの暮らし方』(集英社クリエイティブ)

本は人生を変えてくれるのか?

関連記事

  1. 石井ゆかり『星占い的思考』(講談社)

    あなたにとって占いは「アリ」ですか?今回紹介する本は、石…

  2. 鏡リュウジ『魚座の君へ』から学ぶ、水のように生き…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 石井ゆかり『星栞』で2022年の見通しを立てる

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

Twitter でフォロー

PAGE TOP