山極寿一『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読んで考える、コミュニケーション。

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

 

今回紹介する本は、山極寿一さんの『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』(朝日文庫)です。

読もうと思ったきっかけは「ほぼ日の學校」でした。

著者の山極さんが『ゴリラから学ぶ「幸福論」と「未来」。』を観て興味をもったことから手に取りました。

山極さんは日本におけるゴリラ研究の第一人者です。

フィールドワークをするなかでアフリカの現地の人たちやゴリラと接するなかで学んだことについて書かれていました。

 

この本を読んで特に心に残ったのは、人間のコミュニケーションの取り方です。

人間と他の生き物が大いに異なるところは言葉を使ってコミュニケーションを取ることです。

便利であることは確かですが、その一方で完全なものではないということを忘れてしまうことさえあります。

今はスマートフォンで簡単にコミュニケーションが取れます。

画面越しに話をすることもできます。

しかしそこには細かな身振り手振りや視線を感じることは少なく、同じ時間を共有しているという感覚は少なくなります。

 

食事で同じ時間を過ごすように、一緒にかけられた時間が関係性を育むこともあります。

またインターネットを通していつでも繋がれるのが必ずしもいいことではなく、時として孤独を感じることも大切なのだと感じました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日もお待ちしております。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


本って本当にコストパフォーマンスがいいの?

2021年の振り返りと2022年の抱負

関連記事

  1. 鈴木貫太郎『中学生の知識で数学脳を鍛える』を読ん…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 高水裕一『宇宙人と出会う前に読む本 全宇宙で共通…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 長谷川英祐『働かないアリに意義がある』(ヤマケイ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP