野田祥代『夜、寝る前に読みたい 宇宙の話』(草思社)

今回紹介する本は、野田祥代さんの『夜、寝る前に読みたい 宇宙の話』(草思社)です。

 

閉店前に行くことができた本屋さんで偶然出合って手にした一冊です。

 

宇宙って人類の憧れであり、ロマンだと思うのです。

どんなに思い悩むことがあっても亡くなればその悩みも尽きるわけですし、せいぜい長くみても100年しか続きませんし、それは宇宙の歴史からすると一瞬とも呼べないくらいの短い期間でしかありません。

 

流れ星を見る会に参加をしたけど曇り空で見れなかったり、高校の山岳部時代にキャンプ場で見た満点の星空を見たりしたことは今でも思い出に残っています。

 

地球が太陽の周りをものすごいスピードで回っているというのはなかなか想像に難いことだと思います。

一年というのは地球が太陽の周りをぐるりと回ったことであり、年齢というのはその回数でもあります。

 

地球というもののサイズを地球儀サイズだとすると、太陽は4km先のプールほどの大きさだそうです。

日常のものに置き換えてみると宇宙スケールのものもなんだか身近に考えられます。

 

「宇宙を知る、は究極の俯瞰術」でもあるのです。

野田祥代『夜、寝る前に読みたい 宇宙の話』(草思社)(p232)

ワクワクしながら宇宙のことについて学んでみようかと思います。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


山口尚『難しい本を読むためには』(ちくまプリマー新書)

加納朋子『カーテンコール!』(新潮文庫)

関連記事

  1. 鈴木貫太郎『中学生の知識で数学脳を鍛える』を読ん…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 高水裕一『宇宙人と出会う前に読む本 全宇宙で共通…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 長谷川英祐『働かないアリに意義がある』(ヤマケイ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 山極寿一『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』を読…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

Twitter でフォロー

PAGE TOP