青山美智子『木曜日にはココアを』(宝島社文庫)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、青山美智子さんの『木曜日にはココアを』(宝島社文庫)です。

読友さんの紹介で知りました。

読みたい本として図書館に予約登録してあり、やっとの順番がやってきて読みました。

順番なんか気にせず、もっと早く出合って読んでおきたかった、そんな気持ちになる暖かな作品でした。

物語の起点は「マーブル・カフェ」です。

まさしく好青年なんじゃないかと思わせる「僕」からスタートします。

木曜日の午後3時に決まってやってきてホットココアを注文する彼女のことを「ココアさん」と心の中で呼びます。

そこから短い話の中で出てくる人たちが数珠繋ぎのように交わり合い、場所を東京、シドニーと変えながら進められていきます。

著者の青山美智子さんはシドニーの日系新聞社の記者として勤務されていたこともあり、その知見が活かされているようです。

接客業をしているとお客さんの名前がわからないので勝手にニックネームをつけるなんてことがあるかもしれません。

逆に店員さんの名前を知らないけど、いつも見かけるから同じようにニックネームをつけるなんてこともあるかもしれません。

どちらもお互いにとって意識する関係であり、その場所がお互いにとって好きなところであり、元気になれる場所ほどよいことはないなと思いました。

12編の短編から構成されていますが、全てに色があしらわれています。

途中で出てくる色の心理テストは試してみたいなと思いました。

わたし自身、この作品のラストをいつもの好きなカフェで読むことができてよかったです。

桜の咲くころにまた読みたい作品です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


映画『梅切らぬバカ』を観て思う、何気ない日常の大切さ。

『空が青いから白をえらんだのです』で言葉の力を感じる

関連記事

  1. 青山美智子『お探し物は図書室まで』(ポプラ文庫)…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP