芥川龍之介

  1. 芥川龍之介『奉教人の死』(新潮文庫)

    今回紹介する本は、芥川龍之介『奉教人の死』(新潮文庫)です。古典を読む重要性につ…

  2. 芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春』(新潮文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書会の開催や発信活動を通…

  3. 芥川龍之介『地獄変・偸盗』(新潮文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書会の開催や発信活動を通…

  4. 芥川龍之介『侏儒の言葉・西方の人』(新潮文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴ら…

  5. 芥川龍之介『河童・或阿呆の一生』(新潮文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴ら…

  6. 芥川龍之介『鼻』から考える、コンプレックスへの接し方

    芥川龍之介『鼻』https://twitter.com/shogogo0301/stat…

PAGE TOP