気分に点数をつけてみる。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

調子の良い日々が続いています。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

 

調子が良いというよりも気分が高揚している面がありそうです。

今週の金曜日にキングコング西野亮廣さんの講演会に参加してから、アイデアがどんどん生まれている感じです。

「日常を良い習慣で埋め尽くしたい」と思っています。

それを最近はしっかりと達成できています。

 

そうは言っても、この気分が良い感じの時期が来ると、逆に反動のように下がるときがきてしまうのがイヤです。

気分に波があるのは重々承知しています。

そのせいでできなくても無理をしないことが大切なのかなと思っています。

 

先日Twitterでこんなことをつぶやきました。

感覚でいうと5を超えたときが躁状態であり、1を下回ったときが鬱状態です。

表現として「普通」の3をコンスタントに取り続けるのが良いなぁと思うのです。

 

自分を客観視するというのはなかなか難しいことです。

気分に点数をつけることで少しでも俯瞰的に自分を見ることができそうです。

日記を書く際に取り入れてみようかと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


SNSのルールは自分でつくる。

習慣化のために小さな行動を積み重ねる

関連記事

  1. 書き込みされた本の価値は誰が決めるのか?

    ものすごく夜更かししてブログを書いています。札幌で「本を語る、人と繋がる…

  2. よりよく生きるために気分に点数をつける

    よりよく生きるために気分に点数をつける朝の日記に気分を5段階で評価した…

  3. 休むのも仕事

    しばらく体調不良で仕事をお休みしていましたが、少しずつ短時間からですが復帰…

  4. 生まれてから10,000日

    今日はわたしにとって記念すべき日です。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテ…

  5. 自分らしい読書会とは何か?

    読書会を開こうと思ったときに最初に考えたのは「何者」感をなくすことでした。…

  6. 読書術の専門家になりたい。

    あなたには好きな本のジャンルはありますか?もしかしたら本イコール小説なん…

  7. 目指している読書会の姿について考えてみました。

    「読書会ってどんなことをやっているの?」とたまに質問されることがあります…

  8. けらえいこ『あたしンち』から学ぶ、「桜の見頃は今…

    けらえいこ『あたしンち』から学ぶ、「桜の見頃は今この一瞬」という話。ゴー…

Twitter でフォロー

PAGE TOP