読書と投球術の関係

昔話をちょこっとします。

兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。

その当時は入団順に背番号がつけられるので初めてもらった背番号は18でした。

当時の読売巨人軍のエースナンバーをつけていたのが桑田投手でしたので、「クワタ」と呼ばれて投手をこころざすようになりました。

決して前に出たがりのタイプではありませんでしたがずっと憧れでした。

人数の問題や適材適所が野球のポジションだと思うので、なかなかチャンスは巡ってきませんでしたが、ちょっとばかしの努力と縁が身を結んで中学生のときに投手をすることが多くなりました。

決して器用なタイプではなかったので直球を軸にコーナーを意識して投げるタイプでした。

変化球はカーブと指が長いのでたまにフォークを試してみる感じでした。

変化球でなかなか空振りを取ることはできませんでした。

 

投手で試合の8割が決まると思っています。

打たせて取るタイプとか三振を取るタイプとか言われますが、大事なのは目的です。

打者をしっかりと打ち取りアウトを取り、0点に抑えれば負けることはありません。

どうやってアウトを取るかが重要ではなく、アウトを取ることそのものが大事なのです。

 

読書にも同じようなことが言えるのではないかと思います。

現代人は時間がないという病に陥っています。

そうなると短い時間で本が読める方法に飛びつこうとします。

速読をはじめとする「○読」は挙げればきりがありません。

でも、本当に重要なのは本を早く読めるようになることではなくて、その本を読んだ結果どうなりたいか、それが実現できるのかだと思っています。

一人の打者を打ち取っても9イニング投げ切ったときに勝ちでなければ意味がありません。

 

もう一つは投球テクニックです。

全力投球というと真っ直ぐのストレートを投げ続けるイメージがありますが、コーナーに投げ分けるのが得意ならそれで打者を打ち取ればいいのです。

速い球が絶対に来るとわかっている上での直球とそうでない場合では反応の仕方が異なります。

場面の盛り上がりも意識して本を読めるといいかもしれませんね!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


当たり前のことに感謝をする。

松浦弥太郎『くちぶえサンドイッチ』を読んで感じた続けることの大切さ。

関連記事

  1. 一周まわって「アウトプットはしても良いもの」とい…

    本が好きです。特定のジャンルを好んで読むというよりは、面白そうと思った本…

  2. 本の感想は無理して書かなくていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 渾身の一行を求めて〜本の読み方〜

    渾身の一行を求めて〜本の読み方〜最近は早起きが好調です。早めに寝てい…

  4. 与えられた5分で何を話すか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 本を読む人と読まない人に分ける意味って?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 読書によって何を得たいのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 本は無理して読まなくても良い

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 物事は小さく始めてみる

    ここ最近の生活の、小さな違和感として感じていたことなのですが、もっと本を読め…

Twitter でフォロー

PAGE TOP