アンデシュ・ハンセン『運動脳』(サンマーク出版)

今回紹介する本は、アンデシュ・ハンセン氏の『運動脳』(サンマーク出版)です。

 

スマホ脳』(新潮新書)がとても印象的であり、仕事にも関わる分野なので興味をもち読みました。

 

著者のアンデシュ・ハンセン氏はスウェーデンの精神科医です。病院勤務のかたわら執筆活動をされています。

 

脳の機能を高めるためにはどうすればいいでしょうか?

スマホの脳トレやクロスワードパズルを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、効果が最も高いのは「運動」であると結論づけられています。

特にウォーキングやジョギングといった有酸素運動がすすめられています。

あらゆる症状と脳で起こっている反応を示したうえでどうすればいいか書かれているのですが、決まったように有酸素運動をしようと結論づけられているのがなんだかおもしろかったです。

 

人間の進化の過程を考えると我々現代人の脳は1万年前とほとんど変わっていないそうです。

デジタルが発達してもその変化に脳は追いついていないのです。

想像でしかありませんが、1万年前と較べたら今の人間は化石並みに動いていないでしょう。

そう考えると少しでも(疲れすぎない程度に)カラダを動かす事は大切なように思います。

 

うつの真っ只中にいるときはなかなか動くのも大変ですが、少しずつ動けるようになればウォーキング、ジョギングはわたしの経験からもおすすめです。

続けているとある日突然うつが抜けたような感覚がやってきました。

運動のいいところは副作用がないということです。やる前はめんどうでもやればたいていは晴れやかな気持ちになります。

仕事を通しても運動の良さをこれからも伝えていきたいと感じました。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


第95回 読書会「本の話をしよう」開催報告

『Brown Book vol.9』

関連記事

  1. すきさん『ゆるませ養生~“何だかしんどい”を楽に…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 樺沢紫苑『ブレインメンタル強化大全』(サンクチュ…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 若林理砂『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておき…

    今回紹介する本は、若林理砂さんの『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい…

  4. 山本健人『すばらしい人体』を読んで、神秘を感じる…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  5. 市原真『ヤンデル先生のようこそ! 病理医の日常へ…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  6. 川野 泰周『「精神科医の禅僧」が教える 心と身…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. よりよい治療のために正しい知識を

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  8. 【『結局、自律神経がすべて解決してくれる』】生活…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP